読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乙女座さんの妄想劇場

杉本なつみブログ

SOL JAPAN TOUR "RISE" 2014 @グランキューブ大阪 2014.08.12

ハンバーグ丼食べてメロンアイス食べて友人知人とちょっとやり取りしてK-POP関連のお知らせをチェックして…ってやってたら、急激に眠くなってきた。
でも、ここで書かなきゃ、このレポは一生書かないままだな…と思ってなんとかパソコンを開ける。

で、ブログ開けてみてビックリ。
前回も冒頭で何度もログイン失敗と書いてる。←今回も(笑)
今回も2カ月ぶりだしな…(苦笑)。

その間に東方神起のツアーも無事終了し、백퍼센트(100%)の活動も昨日で無事終了し、ほかにもちょこちょこライヴ見に行ったりしてたけど、ヲタ活が忙し過ぎて書く余裕がなかった。
で、ちょっと落ち着いた今なら!ってことで…。



大阪で初日を迎えたヨンベさんのツアー。
初日って見る私たちも緊張感があっていいよね。
今時SNSやネットが発達し過ぎてて何かと情報が入って来ちゃうものね。
もちろんこのレポも演出について触れる部分もあるので、読むか読まないかはご自身の判断でよろしくお願いします。
始まったばかりなのでセットリスト羅列するのは控えますが…。←1曲ずつ触れると超大作になっちゃうし(苦笑)

オープニングいきなり上半身裸で登場したヨンベさん!
キャー!なんてことを〜!こっちのテンションも上がるやんか〜!(笑)
肉体美もタトゥーも惜しげなく披露。
2曲目でゴールドのジャケットを着るも、曲の途中でやっぱり脱ぐ(笑)。
まぁ彼の場合はその姿も自然だけどね。

シンセサイザーの弾き語りもあり。
残念ながら服は着てたけど(笑)セクシーだったっす!

"I NEED A GIRL"で突然、客席通路に下りたヨンベさん!
瞬時にもみくちゃに…。
でもなんとか左→中間の通路を横切って→右の通路からステージに生還。
私は2階から見ていたのだが、凄い光景だった…。

で、曲が終わってから「実はこの中(←客席)で僕の彼女を探したいんですけど…」とか言い出すもんだから客席絶叫(笑)。
それを聴いて、「できない、できない」(笑)


"EYES, NOSE, LIPS"日本語バージョン初めて聴いたけど、あまり違和感なかった。
♪사랑해 사랑해♪だけは韓国語のままなのがドキドキした。
生で聴くと改めていい曲やなぁ。
でも韓国語の「눈, 코, 입」も聴きたいなぁとぼんやり思っていた…。

その後のMCで「初めての日本語で緊張でちょっと間違えたけど…理解してください」とかわいいヨンベさん。
ファンが声援で応えると「大阪の人は心が広い」と笑顔。
この人の笑顔、ほんとかわいいなぁ。

そして「『目、鼻、口』は別れた人にはいいと思います。僕のそのままの経験だし…。」
これに対して客席から「えー!」という声が起こると、「そんな経験ダメですか?」(笑)

彼の名前を連呼する客席に「なんでヨンベをそんなに呼んでますか?」
彼が言うと韻を踏んでるように聞こえる(笑)。


"THIS AIN'T IT"の前に「次の曲は悲しい曲だから」と落ち着くよう促すヨンベさん。
「いいですか?」客席「イェ〜!」ヨンベさん「あ〜ダメです。心を静かにしてください。」っていうやり取りも(笑)。


"STAY WITH ME"ではスクリーンに登場するジヨンさんを「僕のかわいい友達」って紹介してた。←ほっこり


後半、盛り上がりまくる客席に「初めてのコンサートで初めて歌った曲もあるし…そうです。今の気持ちは、そうです。僕はSOLです。」(笑)
「ちょっとずつ間違えたとこもあったんですけど、気分は最高です!」とやたら謙虚なヨンベさん(笑)。
BIGBANGのステージもアドリブ炸裂なんだし、気にしない気にしない!
でも「初めてのツアーで足りないところもありますが、理解してください」と繰り返すヨンベさん。

と、ここで突然ファンからの質疑応答コーナー!
「質問は?」→ファン「ギャー」→聞き取れずうやむや…ってパターンかと思いきや、ちゃんと質問する人を指名してた!

Q1. これから彼女を作りますか?
「僕は彼女が(客席に向けて手を大きく広げて)このくらいたくさんいるから…」ここでニコッとして「僕の彼女になってください。」→ファン発狂(笑)

Q2. なんでそんなにかっこいいんですか?
「かっこいい?かわいい?どっちですか?」とファンの反応を確かめながら「僕はあまりかっこよくないです。僕はただ、そのままSOLまま」とまたもやダジャレ(笑)。
でも言った後に「合ってます?」とファンに確認するのがかわいいよね。
ちゃんとダジャレになってると確信すると「わがままSOLままそのまま」「僕のママは今、韓国…」と絶好調(笑)。
でも爆笑していたファンを見つけて「そんなに笑ったら…」と恐縮していた(笑)。

Q3. どうしたらSOLみたいな彼氏ができますか?
「僕は一人しかいないから…僕を思ってください。ハハハハ〜。」
いや〜完璧っす!!
でも、こうやって堕ちていく人、多いんだろうなぁ…と自己反省も込めて(苦笑)。


終盤には「アルバムを作りながら一番やりたかったことがツアーです」とアルバムやツアーへの思いを語ってくれた。
「(前作から)年準備して、本名がヨンベだし、4倍以上の愛がほしいです」と微笑んだ。

「BIGBANGとして大きい場所でコンサートをやりながら、もっと小さい場所で共感できるコンサートを超やりたかった」と思いを実現させてくれたことに、「ありがと〜!」と次々に叫ぶファン。
すると「ありがとうはダメです」と言うヨンベさん。
?????
「僕がありがとうです。」
キャーー!なんて男前なの〜!!
あんなにカリスマ性のある人にこんなこと言われたら、たまらんよね〜。



本当にあっという間に本編が終わり……あまりにあっという間でファンのブーイングに近い声になかなか最後の曲に行けなかったほどだったし(笑)。
アンコールも一瞬だと暴動が起こりそうな雰囲気を察知したのか(笑)「2階の皆さんが聴きたい曲をやります。何が聴きたいですか?」と言い出すヨンベさん。
そんなん声届かへんし答えもバラバラやし…でも気にかけてくれてありがとう、ぐらいの気持ちでいた。
案の定ただ騒がしいだけの客席に「意見を集めてください」と再度提案。
合図を出されると、”RINGA LINGA!!”と息ピッタリ!!
なんか鳥肌ものだった〜。
で、ほんとすぐに曲を始めちゃうところがさすがだよね。
スレた考えしてごめんなさい…。
でも私は密かに「눈, 코, 입」も聴きたかったんだけど…(←しつこい)アンコールは盛り上がる曲の方がいいもんね。


1階へのアンケートもあったけど、さすがに人数が多くてまとまらず、ヨンベさんが候補を出して選ぶ形になった。
今後どうなるか、楽しみですね。


で、本当に最後に歌ってくれたのが「눈, 코, 입」!
わ〜い!
ジーンと来る声の広がりが素敵〜。


結局アンコールは5曲になった。


盛り上げ上手なのは当然だし、客席との温かい交流もあったし、さすが楽しい時間だった。
BIGBANGのメンバーそれぞれが天真爛漫なせいか(笑)、一人になると少年ぽいかわいらしさが際立つなぁとも思った。


最後の映像が流れ終わってしばらくすると…「本日は…」とSOLさんの声で客席退場のアナウンスが流れ始めた!
しかも何度も言い間違えて…つまり生!
しまいには「すいません」だって(笑)。
ほんと最後の最後まで楽しませてくれるオチャメなSOLさんだった。