読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乙女座さんの妄想劇場

杉本なつみブログ

舞台「Endless SHOCK」記者会見

先週木曜日、堂本光一さんが来阪し、「Endless SHOCK」の記者会見が行われました。
私は司会を務めました。
その日は「ハピくるっ!」のゲストにもお越しいただいたし、翌日のスポーツ紙等でも会見の様子は取り上げられていたので、ほとんど書くことは…なので、補足程度に書かせてもらいます。
尚、いつもは言葉遣いも出来るだけ忠実に再現しようと心掛けているんですが、司会をしながら、しかも録音もしていませんでしたので、光一さんの言葉そのままというわけではありません。
ご了承ください。 


会見前にご挨拶させていただいた時は、物静かな雰囲気でした。
黒のスーツ姿ということもあって、王子、というイメージがピッタリだなぁと思いました。
会見冒頭から、SHOCKへの思い、大阪公演実現への思いを熱く語る光一さん。
13年かけて作り上げてきたシリーズだけに、光一さんにとって「人生、人格を形成してくれた」存在になっているそうです。
光一さん演じるコウイチもショービジネスに生きる青年。
共感できる部分もあるでしょうし、自身の姿を投影しやすいのかなぁと思っていたのですが、役に飲み込まれてしまわないように、ある意味「ストーリーの中の人物と戦いながら演じている」とおっしゃってました。
途中、「喋り過ぎ?」と笑ってらっしゃいましたが、光一さんの持つ舞台や芝居の哲学みたいなものがとても興味深くて、もっともっと聞きたくなったぐらいです。 

公演日数が多いと、どうしても体調が優れない日もあります。
でも、「手を抜くとステージが楽しくなくなる」ので、「しんどいけど、それを乗り越えることで、すごく楽しむことが出来る」んだそうです。
私なんて、公私共にいかに楽できるかばかり考えているのに…(比べるのが失礼ですね)。 

大阪公演では内博貴くんも出演しますね。
「非常に心配しています(笑)」と光一さん。
「もしかしたら出来ないんじゃないかな。まぁ、やらせるんですけど。」と冗談ぽく厳しいメッセージ。
後輩への愛情を感じました。

会見前日に下見したという梅田芸術劇場
「シャンデリアがすげぇなぁ」という印象だったそう。
帝国劇場や博多座と比べても最も天井が高い会場になるようですね。
でも(フライングで)「シャンデリアの上には行きませんよ。オペラ座の怪人になっちゃう。」とお茶目なコメントも。

そして弊社・関西テレビ梅田芸術劇場からのサプライズプレゼントで、お好み焼き(大阪と言えば粉もん、ってことで・笑)をモチーフにした特大ケーキが登場!

これ、本当に大きくて、重さはなんと40キロ!
光一さんも思わず「どうすんの?これ(←関西弁イントネーションで)」と困惑(笑)。
やはり特大のコテでケーキカットをしてもらい、鰹節に見立てたチョコレートを試食していただきました。
ちなみに、ケーキのその後ですが、切り分けられて取材にお越しいただいた記者さんたちにお土産として配られました。
私も記念にもらってきましたが、有名なケーキ屋さんに特注したものなので、美味しかったですよ〜。  


会見ではどちらかというと熱く語り、「ハピくるっ!」では楽しくトーク(さすがバラエティ慣れされてますね)。
光一さんの色んな面を拝見できて、私も楽しい1日でした。


8月4日のチケット一般発売も、激戦になるんだろうなぁ…。
光一さんも、今まで帝劇まで来られなかった人・チケット取れなかった人にも是非見てもらいたいとおっしゃってたので、できるだけたくさんの人にチャンスがありますように…。