読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乙女座さんの妄想劇場

杉本なつみブログ

U-KISS JAPAN "One Shot" LIVE TOUR 2016 2016.7.16 NHKホール

U-KISSのツアーがスタート!

私は大阪公演のお昼の部、つまりツアー初回へ。
 
まだ見てない!という方がほとんどだと思うので、全部書くつもりはありません(大変だからという説も・笑)。
セットリストが気になるの!という方は他所をチェックしていただくとして…私はMCを中心にその日のノリを大切に書こうと思います。
 
とはいえ内容や演出に全く触れないわけではないので、その点ご了承の上お読みくださいませ。
 
 
 
オープニング映像を流してから本人たちが登場、というのがスタンダードになっているが、今回はすぐにパフォーマンスが始まる。
なので、特に今回は遅れないでくださいね~!
冒頭のかっこいいダンスを見逃してほしくないです。
 
 
最初のブロックを終えて盛り上がる客席に「落ち着いて!うるさいわ!」といきなりファンをイジるスヒョンさん。
すかさず「叫べーー!!」と煽って怒られるフンさん(笑)。
 
おかしら、モニターを見ながらツアー名を声に出して確認。←リハか!笑
なのに、いざタイトルコールすると上手くいかず大ブーイング(笑)。
という、ユル~い雰囲気で始まった。
 
自己紹介の時ジュンさん自身が言ったキャッチフレーズ「U-KISSの未来」にときめいた。
U-KISSの未来…いい響き(涙)。
オバチャンにはすっかり無縁な言葉だけに、目を細めて見ちゃったわよ(笑)。
韓国に 'STALKER' カムバック見に行った時も書いたけど、ほんと若さって偉大というか、ジュンさんの成長が目覚ましい。
どんどん魅せ方が上手くなってきてるし、ファンが急増してるのもわかる。
 
あ、カムバックのことはここでは書いてませんでしたね。
普段はInstagram、たまにTwitterという感じなので…すみません。
 
 
さてさて、先日ソロ活動のキャンペーンで大阪に来た時も凄く緊張して今日も緊張してるけど「楽しめる準備はいいですか?」と投げかけたケビンさん。
歓声が返ってくると、小さく「よし!」
ファンにというよりは自分自身に大丈夫!と言い聞かせるような「よし!」でかわいかった。
 
キスミと久し振りに会って張り切ったせいで早くも「体力の限界を超えて…危ないです」とフンさん。
スヒョンさんとフンさんは特に日本語が上手くて、というか言葉を使うセンスが面白くて、もはや歌手の話し方ちゃうな、と思う場面が多々あった(笑)。
掛け合いの間(ま)も絶妙だし。
やっぱり歌が上手い人は耳がいいから言葉も上達するんだろうな。
 
キソプさんも久し振りにキスミに会えて幸せ、ということを言ったのに、「面白くない」とおかしらバッサリ。
いつからおもろいこと言わなあかんルールになったんだ?笑
でも顔がかっこいいからという理由でお許しが出てた(笑)。
 
 
続く曲は 'Super Special Lady' だった。
これまでも彼らのパフォーマンスの実力については色んな機会に書いてきた。←どれだけ皆さんの目に触れているかは不明…苦笑
加えてトークがどんどん面白くなることによって、ますますギャップが大きくなっている(笑)。
みんな長身だしかっこいいとはいえ、もし初めて見たとしたら、あんな喋りする人がこんなにかっこよく踊るとは思わないだろうな。←いい意味で(笑)
 
 
パート別のステージも楽しかった。
詳しくは書かないけど、あの曲のこのパートをこの人が?っていう楽しみも。
今回はケビンさんがソロでのステージだったこともあり、ボーカルチームでのキソプさんの存在感がいつも以上に大きい気がした。
改めて綺麗な声だよなぁとうっとりした。
 
ケビンさんのソロ、私は初めて生で見た。
彼のダンスの魅力は正確なんだけど硬さがなく、とってもスリムだけど弱々しいのではなく、しなやかなこと、と勝手に思っている。
結果、美しい。
群舞でもパッと目を引くもんなぁ。
 
 
イライさんとジュンさんのステージがノリノリだったので、メンバーも一緒にやりたいという話に。
で、キソプさんが東京の最後の公演で登場するかも、みたいなことを言うと、当然客席からは「え~っ!!」
そこですかさずスヒョンさんが「キソプはもう最後の公演考えてるね、あいつ最悪だね」とつっこんで爆笑。
東京だけズルい、っていう切り口じゃないんだ、さすが、と妙に感心してしまった(笑)。
「キソプのファンの皆さん、スヒョンのファンになってください」と売り込みも忘れない(笑)。
 
ケビンさんのデビューを本当に嬉しいと話すリーダー。
でも実は嫉妬してるとフンさんにつっこまれ、「お前のせいでオレ2枚目のシングルできなかったわぁ」としっかり笑いも取った。
韓国で活動しながらのソロ活動準備や一人でのキャンペーンが大変で、先にソロデビューしたスヒョンさんの凄さがわかったとケビンさんもメンバー愛を見せた(涙)。
更には 'Make me' の振り付けを一人一人、かっこよく見せる人もいれば笑いに走る人もあり、誰が一番よかったかジャッジする前にまず「メンバーに会いたかった。これが(←このノリがってこと)懐かしかった。」とケビンさん(涙涙)。
また話し方も相変わらずかわいいんだよねぇ…キュン。
 
 
やっぱり一番盛り上がったのは 'Stalker' 。
掛け声がある方がノリやすいってのはあるかも。
私も久々の掛け声、完璧にできた!←自己満足
 
 
その後、韓国での活動を振り返ってトークが続いていたのに、その続きで、「さて」とかの接続詞も一拍置くとかもなく「あと2曲で終わりです」とスヒョンさんから非情な通達。
いや~あの切れ目ない流れ、見事だったわ。←何に感心してるんだ(笑)
更には客席から起こる「え~~っっ!!」に対して「でも、(まだ)けっこうあるよ」で爆笑。
何度か繰り返されたこのやり取り、文字じゃ面白さを伝え切れないのが惜しい。←私の文章力のなさか
キャリア長くてファンとの関係が出来上がってるからこそのユルさだよね。
 
 
予告通り(笑)アンコールもしっかりあり。
そこで BEST TOUR の発表も!
a-nationなどの告知もあったんだけど、「他のアーティストに浮気したら警察呼ぶ(by フンさん)」そうなので(笑)皆さんご注意を。
 
最後のMCも爆笑トークが続く中、完全に油断していたイライさんに「暇ですか?」とおかしらから鋭いツッコミ。
挙句の果てには「生活ちょっと大変ですね」、他のメンバーも「頑張らないと」って(苦笑)。
もう何でもありやな(笑)。
メンバーもファンも色々乗り越えてきてのフランクな会話だね。
 
 
これまでにも再三書いている通り、実は私自身はそこまでMC重視派ではない。
パフォーマンスさえ完璧に見せてくれればそれでいい。
それに関して言えば、Twitterでも書いたけど、メンバーチェンジが珍しくない韓国においても彼らほど時期によってメンバーの増減があるグループはないだろう。
特に大所帯でもないのに脱退、欠席…同じ曲で幾通りのパート分けがあったことか。
もちろん見る人によってお目当てのメンバーがいない喪失感や寂しさはあるだろうけど、彼らはその都度、最高の完成度で楽しませてくれる。
何より明るいのもいいよね。
 
で、今回MC聞いて爆笑しながらも、言葉を含め日本で着実に頑張ってきたのが伝わってきて感動した。
なので、少しでも雰囲気が伝わればと思って書いてみたけど、彼らが話す分量にも差があるし、私の記憶力や表現力も不足していて言及するメンバーにかなり偏りが出てしまったことはご了承くださいませ。
 
始まったばかりのツアーが最後まで無事に続きますように。
そして年末、更なるBESTな姿に期待!!

f:id:natsusugi:20160720003334j:plain