読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乙女座さんの妄想劇場

杉本なつみブログ

MBC歌謡大祭典 事前収録 2014.12.30

韓国の年越し音楽番組。
それはそれは豪華なアーティストたちのパフォーマンスを見て一緒にカウントダウンして…と楽しいことこの上ない。
2年前に見に行って東方神起やEXO、BIGBANG、INFINITEたちを目の前に新年を迎えた。

今年は韓国のお友達に申し込んでもらったけど残念ながら落選。
でも!東方神起の事前収録が発表された。
数々のグループが次々に告知をしていたので、あわよくば複数見に行けるかなと雑食さんは考えたけど、結論から言うと同日はほぼ無理。
理由は下記を読んでもらえばわかるだろう。

尚、放送は31日の夜から1日にかけて。
舞台セットを含めた演出を一切知りたくないという方はご遠慮ください。
それからわざわざ書くことでもないんですが、必ず誤解される方がいるので…完全プライベートです。ご了承ください。


観覧方法は活動中と同じ。
ソウル入りしたのが遅くて、そこまでいい番号でもなく、最初は着席で他のグループを観覧。
MBCはだいたい複数グループ合同だから、いい番号の人はずっと立ちっぱなしで大変だったはず…。

今日はApink、キュヒョン、ヒョリン&Ailee&Jessi、ホガク&ウンジというラインアップ。(敬称略)
これらのステージについても余裕があったら書くかもしれないが、豪華なメンバーだし楽しかった。
ただ、朝10時の点呼集合から既に6時間近く経っていた。

私事だけど、今回ソウルに来てから酷い頭痛が続いていた。
ヲタ活どころか何もできん!ってことで薬局へ。
症状を伝えた結果、薬剤師さんの勧めで買ったのが怪しげな薬。

私の拙い韓国語のせいだ(涙)と思いながらも飲んでみると、あら不思議。
効いてる。通じてたみたい(笑)。

その薬も朝飲んだきりで効果が切れた。
スタジオ内は暑いし大音量とライトの眩しさで、あ〜もうそろそろ限界、と思ってたところに次は東方神起というアナウンス。
しかも他のグループのファンは退場するため私もスタンディング位置に移動することに。
嬉しいけど、体が持つかな…。

そろそろ早く2人のことを書け!とイライラしてきました…?
すみません。
でも実際ほんまに時間かかりましたから。
別にその思いを味あわせてやろうなんて思ってませんが(笑)とりあえず思い出すまま書いてるので、お付き合いください。

私はステージ向かって右側の前方に。
移動してからもなかなかステージセッティングが終わらなくて何度も意識が遠退きかけた。
特に時間がかかっていたのは…トランプのキングとクイーンのゲートが設置され、そこに扉を取り付ける作業。
私の目の前にはクイーンゲートがあるのに、スタッフさんたちがキングの絵柄の扉を運んできたもんだから、私たち必死にキングはあっちですよ〜とアピール(笑)。
二度手間になるものね。
ようやく取り付けてもスムーズに開閉せず、幾度もやり直し。
2人及びダンサーさんが怪我でもしたら大変だし、待つしかあるまい…(涙)。


そしてようやく!ようやく!ようやく2人の登場!!
ヒャ〜〜!美しい〜!かっこいい〜!
何年経っても感激する私がおめでたいだけなのか…いや、今日の2人はほんまにますます輝いてた。
タキシードを少し軽めにしたようなシンプルなブラックスーツ。
逆に本人たちの完璧さが際立つ感じ。
前髪を上げてジャケットの下にベストを合わせたユノ様は嘘みたいに凛々しく男らしい。
大きめのリボンタイを結んだチャンミン様はこれまた嘘みたいに艶めかしい。
一気にシャキッとなったわ(笑)。

「長く待ったでしょう?」と優しい言葉をかけてくれるユノ様(涙)(涙)。
両隣のファンの声のボリュームで耳がワーンとなったのと(苦笑)外国語なのとで細かい言い回しはほとんど聞き取れなかったんだけど、今日も収録の合間はずっと話をしてくれた。

さて、まずは수리수리の収録から。
もちろんクイーンの扉からはチャンミン様(笑)。
裏にスタンバイしてる姿も私たちの場所からは見えたんだけど、ほんとにご機嫌さんでずっとニコニコ。
時々手を振ってくれたり、いたずらっぽい仕草をしてみたり。
リボンタイをかわいい〜顔でキュッと締め直したり。
でもいざ扉を開けるとクールな表情で登場する、そのギャップに萌え〜。

ユノ様、リハの段階からダンスキレッキレ。
キレを隠し切れないというか抑えられないというか…変な言い方だけどCGか何かのようなキレ。
私はユノ様のダンスを斜め或いは横から見るのが好き。
キレの良さや姿勢の美しさがよく分かるから。
今日もうっとり。

スリスリは超短縮バージョン。
2人でタイミングを合わせる場面があって、ユノ様がめっちゃ男前な表情で真剣に説明してるのに、フニャ〜ッとした表情で、あ〜やっぱり違うか〜と笑い続けるチャンミン様(笑)。
もう!かわい過ぎるやろ〜!
本番ではさすがめっちゃかっこよくキマってたので、お楽しみに。

スリスリの中でWE ARE Tを入れようとユノ様から提案があったんだけど、掛け声の迫力が凄過ぎてタイミングがよくわからなかったな…。
残念ながら実現はしなかったけど、ユノ様が話してる間、やはりずっと笑顔でさすが!って感じでウンウン頷きながら拍手し続けるチャンミン様が面白かった。


続いてSomething
一旦上着を脱いでの撮影。
結局もう一度着たので放送には反映されてないと思う。
チャンミン様のしなやかな腰の細さに目が行った。
でもスリムに見えて脱いだら…と一瞬ソウルコンが脳裏に蘇った(笑)。

至近距離で見ると改めてダンサーさんのロープ裁きの華麗なこと!
そして目の前に置かれた椅子にパフォーマンス中、座ったユノ様の背中が凄く男らしくてかっこよくてドキドキした。
チャンミン様も休憩で(笑)座りに来たけど、うなじがキュートだった(笑)。

そういえばリハの時、ユノ様ソロダンスの時間、チャンミン様はダンサーさんと阿波踊りのような動きをしてた(笑)。
とにかく楽しそうだった。
そして照明のストロボや恐らくイヤモニの大きい音にいちいちビクッとする姿はまるで小動物のようだった(笑)。

でも収録の合間におもむろにクイーンドアに近寄るから、また何かいたずらを思い付いたのかと思ったら、カチャリと扉を閉めた。
客席から見てそんなに気になってなかったけど、しっかり閉まりきってなかったのね。
さすがチャンミン様です。

そんなチャンミン様が汗を拭きに行こうとステージを降りようとした。
ちょうどその時、舞台監督さんと打ち合わせしていたユノ様が内容を伝えようと「チャンミナ〜」と呼び止めた。
キャ〜!!
自然な呼び方だからこそ萌えるよね〜。

いつも通り私たちファンに対してだけじゃなくダンサーさんやスタッフにも敬意と感謝の言葉を述べるユノ様。
もちろん人柄もだし、彼らの経験やキャリアがあってこそスマートに言えることだと思うし、だからこそより愛され敬われる存在になっていくんだろうな。


収録が終わったのは17時台。
集合から7時間以上経過してたのね…。
でもスタジオを出た足取りは軽く、この時間もニマニマしながら何とかこれを書いてる。
彼らのステージを見れば確実に元気になるし幸せになれるのだ。
それに…ナーバスなことを言うつもりはないけど、こんなに近くで2人のパフォーマンスを見られるのは数年後になっちゃうかもしれないし…。もちろん個人的な機会の問題かもしれないけど。
とにかく、縮小させるつもりが酷くなった今年のヲタク活動を肯定してくれるかのような(←勝手な解釈)華やかで煌びやかなステージだった。

素敵な時間に感謝!
WE ARE T !!