読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乙女座さんの妄想劇場

杉本なつみブログ

親知らず

左側の親知らず2本を昨年夏に抜いた。
すぐに右も抜くはずが、やっぱり怖くて1年以上経ってしまった。

というより、ほぼ忘れてた。
抜くなら週末だけど、隙あらば海を渡るかライヴやイベントに行くかだったし(笑)。

でも人間、急遽何かを決意する時があるものね。
来週以降はまた予定がてんこ盛りだし、抜くならこの週末!てことで。


前回は診察台に座ってからも怖い怖いとギャーギャー騒いで先生にしばらく放置されたので(笑)、今回は潔く大人しく…。
でも「麻酔は多めに」と念押し。←ラーメンのネギ多めのノリ(笑)

上の歯は一瞬だった。
なんか上をグイグイされてるな〜と思ったら(←麻酔が効いて感覚なし)「上はもう抜けましたので」と先生。
私が怯えまくってるから気休めかと思いきや、ほんとに終わってた。
先生すごい!

でも下は大変だった。
ほとんどが歯茎に埋まっている上に横向きに生えていて、もろに神経を圧迫してるとのこと。

削って砕いて…麻酔も追加してもらったし実際に痛くはないんだけど、その振動が怖いのなんの。
それに器具を入れるために、長時間かなり大きく口を開けていなければならず、顔の筋肉がつりそうになった。
恐らく世の中で一番ブサイクな表情を晒すのが歯医者さんだろう。
なので、若いイケメン先生は考えものかも(笑)。
て言うと先生に失礼だな(苦笑)。ベテランの素敵な先生です。

後で見せてもらったら、下の歯は3つに切り分けられてた!
歯って、あんなキレイにスパッと切れるものなのね。
音と振動から、てっきり砕け散ってるのかと思ってた。


でも思っていたより短い時間で済んだ。
何より恐れてた痛みもなかったし。
医学技術の進歩と先生の腕に心から感謝。


ただ、後が辛い…。
生え方が複雑だったから腫れるとは言われていたけど、みるみる腫れてきた。
これじゃあ、こぶとり爺さんやんか!

そんなほっぺを冷やすアイテムとして、こんなのを見付けたよ。

ジャーン!ガリガリ君冷却シート
なんとソーダの香りなのだ。
でもガリガリ君のイラスト入りだから、貼るとなかなか恥ずかしい(苦笑)。


にしても痛むなぁ。
ロキソニン効いてくれ〜。
グリーンカレー食べられないの辛い、とか呑気なこと言うてんと、まず血を止めなきゃ…。


抜歯しようか悩んでいる皆さん、怖がらせてしまってたら申し訳ないけど、むやみに怖がる必要はなし!
抜いてスッキリした〜!って報告を早くしたいよ〜。