読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乙女座さんの妄想劇場

杉本なつみブログ

充電完了100%백퍼센트!! 2014.03.09 人気歌謡

随分ブログの更新を怠ってたな…。
Twitterではちょくちょくヲタク活動報告してましたが、詳しく書こうと思うとついつい…。

で、久々に開けたら妙に暑苦しかったので背景変えようとしたら、なんだか時間かかってしまった。

13日になればテレビ出演もあるので確認できるわけだけど、ウズウズしてるファンの皆さんも多いでしょうし、私も伝えたくてウズウズしてるので(笑)書いてしまいます。


そもそも今回の渡韓はB.A.Pのライヴに行く目的だった。
ところが!出発する前日の夜、軽めのぎっくり腰に…!
背筋を伸ばせないし、まず歩けない。
這うように出社したら全員が全員「無理だね」と言う。
実際、番組出演も危なかったからね…。

でも!諦め切れずに病院に駆け込み、何とかしてと懇願。
注射、痛み止め薬、シップ、コルセットとあれこれ施してもらい、なんとか空港へ。

土曜日のライヴは指定席を取っていてよかった。
もちろん座っていてもしんどかったけど、安定した体勢で見られたし。

問題は日曜日。
スタンディングを選択していたのだ。
けっこういい番号で、2列目、うまく行けば1列目に行けるかも、とすごく楽しみにしていた。
でも、冷え厳禁と言われているのに薄着で寒空の下、並ぶのはよくないし、後ろから押されて腰に一撃を喰らったらアウト。
足腰に力を入れて踏ん張ることもできないし…と泣く泣く諦めた。



ただ実際はもっと過酷な一日を過ごすことに…。

まずは「人気歌謡」東方神起の事前録画を観覧するために朝5時半に集合。
前夜、サイン会に行くため来ていたトンペン仲間さんと深夜まで語っていたため睡眠時間50分。
ほぼ寝ころんだだけ(苦笑)。
そこから入場するまで4時間!
雪や雨も降って空気はすごく冷たいし、大変だった。

この収録については改めて書くとして…。
こちらはライヴに行くとしても参加するつもりだった。



100%の事後録画(来週分の収録)が発表されたのが3日前。
迷いながらも上記の通りライヴに行くことにしてたので、さすがにキャンセルしてまでは…とも思った。
でも、その夜に腰に異変。
これも神のお告げ!?とアホなご都合主義で観覧に行くことに。

そもそも私の体調不良だって、時期的にミヌさんの入隊&サンフンさんの活動休止とショッキングな出来事が重なったことによる心労だったのでは?
だとしたら、あまりにアホな体質ってことになるけれど(苦笑)。


この日は意外にお姉さんなファンが多かった。
お姉さんと言っても私より遥かに若いけど(苦笑)。
でも年末の単独ライヴ行った時はあまりに若い女の子たちばかりだったから。
ちょっと年配の方もいらしたけど、それはメンバーのご家族。
入場する際、すぐ隣にミヌさんのご両親もいらしたな…と既に懐かしい記憶。
ファンの中では恐らく私がダントツで最年長って雰囲気だったけど、今回はちょっと落ち着いた雰囲気の女性も多かった。



さてさて、ここからが本当に辛かった。
2度ほど短い解散時間はあったものの、トータルで3時間半待ち。
先に東方神起も事後があった。
彼らのセットは組むのも時間がかかるのを知っていたし、撤収も同じだろう。
それにしても…。
100%もカムバックだから凝ったセットを組んでもらってるのかしら。
にしても…。
同業者のこと言うのはよくないかもしれないけど、同業者だからこそ、ちょっと時間かかり過ぎ、と小声で言ってみます。


どんどん体温が低下するのが分かり、体の震えが止まらなくなる。
もう芯から冷えてしまっているので貼るカイロも無意味。
日も落ちて意識も遠退いていく感じで、凍死するんじゃないかと真剣に思ったぐらい。
そういえば遭難した人はチョコレートを食べるんだっけ?とたまたま持っていたチョコレートを気休めに食べてみたり…。


そしてようやく、本当にようやくスタジオに入れることに。
腰のせいもあるけど、もはや感覚がないので足もうまく進まない。
それでもステージを見るとちょっとテンションが上がる。

順番に入場していき、私の立ち位置はステージの正面から見て左の角。
そういえば、彼らを初めて見たのも同じ位置からだった。
デビューしたてで「나쁜놈」を歌っていた。
ちょっと横から見ても全員のダンスのシンクロ率が凄くて驚いた記憶がある。



前置きが長くてごめんなさい。
待ちに待った彼らの登場!
よく考えたら今時ここまで事前情報なくステージ見ることってないよなぁ。
発売前の収録は時々あるけど、Teaserとかで何となくのイメージはつかめるもの。
なのに今回は過激な写真ばかり(笑)。
昨日やっと公開された動画も曲部分は一切わからなかったものね。
どんだけ出し惜しみするのぉ!
私の脳内映像及び脳内プレーヤーを公開できればいいんだけど、文章でヒントになるようなことを書いてみますね。

衣装はこちら。

ここにそれぞれ金属のパーツが付く。
Teaser動画でもチラッと映っているようなシルバーの。
例えばロッキョンさんは右手に、ヒョクチンさんにはヘッドアクセが付いてた。
皆とにかく肌が白いし衣装もサイボーグっぽいしで、体温を感じないイメージ?
でも曲のタイトルは「심장이 뛴다」。


曲が始まってまず驚いたのが、歌い出しがチャニョンさんだったこと。
ラップじゃなくてメロディー。
でも実はこのグループ、メインボーカルじゃなくても皆けっこう上手いんだよね。

直前に体調不良が伝えられたチャニョンさんだったけど、そんなこと全く感じさせなかった。
というか、私の方がボロボロだったし…(苦笑)。
でもやはり彼への声援が一際大きかったな。
ちなみにチャンボムさんには「キレイ!」という声が多かった(笑)。ごもっとも。

サビはタイトル通り♪심장이 뛴다〜。
とっても覚えやすいメロディーで、リハーサルが終わったらサビは覚えられてた。

そして何と言ってもダンスが素晴らしい!
上記の通りデビュー時からシンクロ率はかなりのものだった。
でも今回は群舞だけじゃなく、ソロというか個人の振り付けが多い。
順に踊っていくパターンもあれば、同時に異なる動きをするパターンも。
前半のロッキョンさんのソロダンス、めっちゃセクシーでいいですよ。
しかも彼が先頭で左に向かって来てくれる隊列の時はヒャーッてなった。
セクシーな表情をすぐそばで拝めて幸せだった。

あとジョンファンさんとヒョクチンさんが絡むダンスも面白かった。
チャンボムさんがチャニョンさんを○○っていうシーンも印象的だったし。
細かく説明しても伝わるかどうか、だし、これはお楽しみってことで…。

サビは全体での群舞。
上半身を大きく使う迫力あるダンスで私好み。
こちらも今までの彼らとはちょっと違う印象でよかったですよ。

リハーサルと収録3回。
まだ掛け声も決まってないので、配られたスローガンを掲げて思い思いの歓声で応援した。

スタンバイ時、最前列右側のヒョクチンさんがちょうどこちらを向く。
緊張感ある表情で見つめられて(実際何を見ていたかは別として)ドキドキした。


実際にパフォーマンスの映像が世に流れるのは13日が最初だけど、ファンにお披露目という意味ではこの日が初めて。
5人で再出発ということについて何か言うかなとも思っていたが、特にコメントはなし。
5人でのステージがどうだったかというと、正直そんなに違和感はなかった。
誤解を招くかもしれないけど、この日に限ってはそう思った。
もちろん過去の曲の披露になれば視覚的にも、そして歌うパートが変わることでも寂しさは感じるんだろう。
MCとかがあれば余計そう感じるだろうな。
でも「심장이 뛴다」は5人で完成されていたし、十分に存在感あるステージだった。
まぁ私が過去と比較できるほど冷静でも元気でもなかったせいもあるかも…。

誤解のないようにもう一度言っておきますが、私も7人の100%が大好きでしたよ…。
でも彼らもそれぞれ前を向いて頑張っているんだし、素直にそれを応援したいと思っています。


長時間待った割にあっという間に終わってしまった収録だったけど、なんかとっても嬉しかった。
単純に久々のカムバックということもそうだし、メンバーが元気そうだったことも。
そして…これは事務所や関係者批判になってしまうかもしれないけど…今のところお仕事でも何の繋がりもないので言ってしまおう。
私はプロデューサー気取りでアーティストを観察するのが好きで(笑)、かつては東方神起ですら日本でどうやったら売れるか真剣に考えていた。←完全に大きなお世話(苦笑)
100%は歌もダンスも高いレベルの実力なのに、それが発揮できる楽曲があまりなかったと思う(というより他グループに比べて圧倒的に曲自体が少な過ぎる…)。
1日見ただけだし、冷静に聴いたら、ステージも正面から見たら多少印象は変わるかもしれないが、今回はダンスパフォーマンスが凝っていて、サビ以外はほとんど繰り返す振り付けがない。
個人の見せ場も多いし、全体的にドラマチックな展開のステージだった。
ロッキョンさんがバースデーコメントで「最高にかっこいいです。約束します。最高にかっこいいです。」と熱く語っていた通りだった。
これは絶対、話題になるに違いない!とやはり関係者気取りで嬉しくなったのだ(笑)。


セクシーで情熱的な表情だったメンバーも退場時にはいつもの笑顔。
正面だけでなく、それぞれ左右にも移動して手を振ってくれた。
ロッキョンさんは大きいハートも投げてくれた。
うーん、なんてかわいいのかしら。


まさに充電完了!
私もまた、今度はもっと健康な状態で(笑)応援に行きたいと思う。