読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乙女座さんの妄想劇場

杉本なつみブログ

BIGBANG @京セラドーム 2014.01.12

私事だが、この度パソコンを買った。
今までパソコンなしでヲタクやって来たのも我ながらすごい。
もちろん会社ではパソコンを支給されているけれど、何故だかこのブログの更新が出来ない。
システムに有害なもの、危険なものとして認識されてるのかしら…?(笑)
スマホで長文書くのもけっこう面倒だし、ヲタクデータの保存のためにもやはり必要ってことで。


ってな訳で、私としては比較的早くご報告。
途中まで書いて、翌日にMYNAMEのライヴに行き、ご飯を食べに行ってしまったので、その分ちょっと時間かかってしまいましたが。
BIGBANGのドーム公演オーラスの前日です。
基本的な内容は昨年の公演と同じなので、セットリスト等は省略。
トークや行動、仕草など、この日に限ってのツボ中心に書きますね。
 
 

昨年と一緒と言ったものの、最初の衣装、変わってなかった…?
前は白だったような。
赤のチェックの上下、めっちゃかわいかった。
 
 

スンリさんのソロコーナーでのMC:
さすが大阪、ノリがいいと言った後、「だからBIGBANGは大阪が好きなんだよ!」
 

テソンさんのソロコーナー:
昨年からの公演を振り返り、今回は「何も変わってないですよね?(笑)でも、その中でBIGBANGがどれだけ成長できるかが見所だと思います。」ええこと言いはる。
「じょいふる」最後のジャンプの着地を決めてドヤ顔(笑)。
声援を浴びて続けて3回!
 
 
 
テソンさんのソロコーナーの後、MCのため登場したメンバー。
ジヨンさん、舞台右から現れて、そのまま左の袖に消えるボケ(笑)。
まだ左から現れ右に消え、また左袖まで歩く。
その間、T.O.Pさんが♪とぅ たい! たい!〜と繰り返す(笑)。
テヤンさんも参加。
で、ジヨンさんはと言うと、最後に左袖から登場した際はスンリさんと腕組んで。
ステージ中央まで来ると2人で腕組んだままクルクル回ってた(笑)。

ここまでの気分を聞かれたT.O.Pさん。
「今回は雰囲気が違うです。皆さんの気が強いです。」とスンリさんも「どういうこと?」と尋ねる表現。
要はファンの熱気がすごいってことだったみたい。
スンリさんから「最近、関西弁にハマっている」と振られたジヨンさん、「え〜、え〜…」と困って、「オレ、今めっちゃ楽しいよ」と言って、両腕回して走り回った(笑)。
このMCコーナーの間、ずっと子供みたいだった。
と、その後ろを着替え終わったテソンさんが右から左に駆け抜け、そのまま袖に(笑)。
それを見たジヨンさんも袖に消え、2人して繋いだ手をブンブン振りながらスキップで登場(笑)。
ほんま、ますます自由になってるわ。

自由きままな兄さんたちにスンリさんが困ってると、ジヨンさんがスンリさんのソロコーナーも良かったと発言。
それでスンリさんが♪Hustlin Hustlin〜と歌い出すと、テソンさんとテヤンさんがカップルダンスを始めた。
スンリさんもジヨンさんと絡む。
1人残ったTOPさんもちゃんとセクシーに踊ってた(笑)。
 

さて、トークの次は「TELL ME GOODBYE」。
でもテヤンさんが、しっとりした曲なのに客席のテンションが高くて行けないと言い出す。
「テンションを調節してください。」(笑)
普通はもっとテンション上げろ〜!って感じなのにね。
でも「次の曲行っていいですか?」って聞かれて大人しく答えても、客席には5万人もいるわけだから、それなりの音量になる。
するとテヤンさんからダメ出し。
難しかったわ(笑)。
 
 
 
そのテヤンさん、ソロコーナー1曲歌い終えて「僕、かっこいいですか?」
でも客席から反応が返って来ると急に「申し訳ございません」と謙遜(笑)。
「Ringa Linga」の前にジャケットを脱いだ。
すると白のタートルネックのカットソー1枚に。
彼が筋肉披露してくれるのも嬉しいけど、薄手の生地の上からでも胸板の厚さがわかって、なんかエロくて私は好きだった。
 
 
ジヨンさんのソロコーナーの衣装、前もヒョウ柄のロングコートだったっけ…?
前2回も見たのに記憶が…(汗)。
 

T.O.Pさんのソロの衣装も変わったような…。
紺色だったんだけど、前、赤じゃなかったっけ…?
 
 

T.O.Pさんのソロコーナーが終わり、再びメンバー登場。
ジヨンさんが♪DOOM DA DA DIVI DA DA〜、テヤンさんが♪행진!
皆が手を前に出して、まるでゾンビの行進のようだった(笑)。
「행진」は確かに「ヘンジン」って発音だけど、途中から完全に「変人」にしか聞こえないおかしなノリだった(笑)。
スンリさんがトークを始めても、また♪DOOM DA DA DIVI DA DA〜とステージ脇に移動してしまう自由極まりないジヨンさん(笑)。
 
ほどなく着替えを済ませたT.O.Pさんも合流。
テヤンさんがボイパでのせると、ノリノリで踊るT.O.Pさん。
テヤンさんに今の気持ちを聞かれると、親指を立てて「YEAH〜!」
今回のツアー、ジヨンさんとT.O.Pさんのノリが良すぎて本当に面白い。
 
 
T.O.Pさんは黒縁の丸いメガネをかけていた。
これ、けっこう人を選ぶ難しいアイテム。
それをテヤンさんが取り、スンリさんへ。
更にテソンさんにもかけさせる。
「真面目そう」「勉強ができそう」というメンバーの反応の中、ジヨンさんがメガネと鼻がつながったパーティーグッズみたいと笑い出した(笑)。
そう言われたら、もうそうにしか見えない(笑)。
メガネが戻ってきたT.O.Pさん、さすがのかけこなし。
するとカメラに向かってカッと目を見開いたまま静止。
その美しさも含め、マネキンみたいだった(笑)。
 
 
 
「마지막 인사」ではスンリさんに完全に体を預けて(もたれかかって)歌うジヨンさん。
この日もイチャイチャが続く2人だった。
 
 
 
翌日が成人式という話題になり、「ほんとに成人になった気分。皆さんからたくさんの愛をもらって…」と言い出すテヤンさん。
メンバーにつっこまれても「僕も成人になったので、もっと愛をください」と続ける(笑)。
そして「大阪は僕たちの日本ツアーで最高の場所ですよ。大阪の間の日だけど(3日間の公演の中日)最後の感じで楽しんでくれて…」と嬉しいことを言ってくれた。
「切なくなる」とつっこまれたが、「(客席の)雰囲気が超良くて、僕のエネルギーを全部伝えたい」と心のこもったメッセージ。
 
テソンさんも大阪について、今回のツアーが「大阪から始まって大阪で終わる…」と話し始めたが、ここでスンリさんから待ったが入った。
スンリさんも前半に同じようなことを言ったら、ステージ裏で怒られたそうだ。
そう、正しくは西武ドームから始まったんですよね(苦笑)。
テソンさんが「大阪が最初と間違えるぐらい、大阪のインパクトが強かった」と上手くフォローしたかに思えたが、「じゃあ西武ドームはどうなるの?」とテヤンさんの鋭い指摘!
おっしゃる通り(笑)。
焦るテソンさんに代わり、「今年は『D'scover』じゃなくて『D'slover(This lover?)』でツアーがあるかも」と勝手なことを言い出すテヤンさん。
そんな話はないらしいが(笑)、ソロツアーもめちゃめちゃ素敵だったので、タイトルはともかく、また新たな企画に期待したい。
 
そして、さすがはジヨンさん。
「明日は成人の日でしょ?成人たち全部、僕とデートしましょ。」
そりゃもうドーム内は悲鳴の嵐(笑)。
スンリさんが「デートしたい人」と言って皆が手を挙げると、電話のゼスチャーをするジヨンさん。
成人ってことは、おばちゃんも入ってるのかな…と思わず考えちゃった(笑)。
 
さてさて、T.O.Pさんのコメントは安定の棒読み(笑)。
いや、昔に比べたら格段に上手くなってるとは思いますけどね。
それでもやはり客席から笑いが起きると、本人は「なんで笑ってる?」
テソンさんが「ラップみたいだから」とフォローすると(←なるほど!)、なんと「ラップでやります」だって。
本当にラップ調でメッセージを読み上げ始めた。
最初はなんだかぎこちなかったけど、さすが最後はいい感じになり、彼自身も満足したのか、「あけおめ!」
もう次の映画の撮影も始まっているらしい。
すごい売れっ子俳優さん。
でも5人での活動がなかなか見られなくなると思うと、少し寂しい気も…。
 
スンリさんの番になると、ハミングしだすテヤンさん。
どんどん他のメンバーの声も重なって、けっこうやかましかった(笑)。
 
 
ご機嫌なテヤンさん、「5階の皆さん、ありがとうございまーす!誤解しないでください。」とオヤジギャグ(笑)。
「今日ずっと意味がわからない…」とつっこむスンリさんに、「あなたが意味がわかるかどうかは重要じゃない!」とピシャリ。
まぁこれもよくわからないんだけど(笑)、なんかかっこよかった。←私の脳もすっかり緩くなってたみたい(笑)
 
 
 
本編最後の「HEAVEN」の最初、T.O.Pさん・ジヨンさん・テヤンさんに囲まれるスンリさん。
そしてジヨンさんがスンリさんに向かって何度も「大好きだよー!」と何度も叫んでた。
も〜どんだけ(笑)。
 
 
 
アンコールでトロッコで会場を回っている間にファンから被り物(DOOM DADAでT.O.Pさんと手を繋いでる彼の)を受け取り、けっこう長い間かぶっていたT.O.Pさん。
「赤ちゃん、どうしたぁ?」と近付くスンリさんにおぶさってた。
そもそもあれ、赤ちゃんなん…?
 
 
冒頭でセットリストも基本的に一緒と書いたけど、今回は「붉은 노을」に続いて「じょいふる」。
ステージの下から撮影していたカメラを奪い、代わりに撮影するスンリさん。
意外にも(失礼)上手に撮ってた。
ステージの上からだから、いつもとは違う画もあったし。
とにかくジヨンさんの楽しそうな姿が満載だった。
 
 
続いて「FEELING」のイントロが流れ始めたのに、それを止めさせるスンリさん。
で、強引に「Ringa Linga」へ。
曲が始まると、サビ部分を完璧にダンスカバーするスンリさん。
も〜それ見せたかっただけやん(笑)。
テソンさんも彼らしいオリジナルダンスを披露していた。
 
 
その後は「FANTASTIC BABY」、「BAD BOY」のスローバージョンで終了。
 
 
 
あ、そういえば去年は金テープをキャッチしたけど、今回は銀テープもキャッチ。
前から両方あったのかしら…?
 
 
まぁ、とにかく面白くて楽しかった。
昨年終盤から年始にかけて、若いグループを見る機会が多くて、勢いがあってダンスもエネルギッシュでとても楽しかった。
でも彼らの場合はキャリアもある分、ファンののせ方、盛り上げ方にしても余裕と貫禄があるよなぁと改めて思った。
これからのソロ活動を経て、またどんな進化を見せてくれるのか期待してます!