読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乙女座さんの妄想劇場

杉本なつみブログ

A Walk with the Stars (INFINITE, ZE:Aほか)


東方神起4年ぶりのソウル単独ライヴ!
行かないわけがない。
それは改めて報告するとして…

ライヴ初日(土)は開始が19時。
昼間は空いている。
というわけで、こんなイベントに行くことにした。
韓国観光公社主催の「A Walk with the Stars」、スタート歩こう!というイベントだ。
出演はINFINITE、SISTAR、ZE:A、9Muses、チャン・ヒョクさん、キム・スヒョンさん(主催者発表順)。
個人的にソウルでのピニ率高し(笑)。
そしてキム・スヒョンさん!
見てみたかったの〜!
募集は外国人が対象で、これだけのメンバーでなんと無料!

ただ前日までの予報は雨。
ソウルでINFINITE見に行く時はいつも雨。
相性悪いんかしら…(苦笑)。
そんなことより野外イベントなので中止にならないか心配。
と思ってたけど、ご覧のような晴天。

オリンピック公園の平和の門の裏手に特設ステージが組まれていた。
東方神起のライヴ会場と反対側ってことになります。

プログラムの最初はタイトル通り、スターとウォーキング。
登場したのはチャン・ヒョクさん、キム・スヒョンさん、ZE:Aに9Muses。
スヒョンさん、背が高くて顔が小さくて、お肌もツヤッとしてキュート!
スタート地点に並んで記念撮影…のはずが、ファンが次々に乱入して撮影すらまともに出来ない状態。
カメラマンたちの怒号が数分間に渡って響き…なし崩し的にスタート。
一緒に歩く、と言ってもスターが先頭を歩いて参加者たちは後に続く、というのを想像していた(普通はそうでしょ)。
でもスタートがそんなだったからか、元々サービス満載の企画だったのか、本当に並んで歩く状態に!
私も気付けば隣にZE:Aが!
真横にドンジュンさん、奥にヒチョルさん、その後ろにケビンさんとグァンヒさん、そしてヒョンシクさん!!
キャ〜!ヒョンシクさん、やっぱりお肌キレイで美しいわぁ!
とか見とれていると転倒するんじゃないかっていうぐらいの混雑振りで、怪我人が出なかったのが不思議なくらい。
ウォーキングなんて優雅なものではなく(笑)、彼らもちょっと困惑気味だったような…。
とにかくビックリ仰天な企画だった。


しばらく休憩を挟んでのライヴ。
最初にテコンドーのチームの演技があり、次の出演者が紹介された。
しかしその人物が登場する前にステージすぐ横に到着した車から、まず赤い髪の毛の男性が。
応募は出来なかったけど会場に来ていた韓国人の女の子たちから悲鳴が起こる。
INFINITEのソンギュさんだった!
悲鳴はどんどん拡大するし出番はまだだしで一旦戻ったものの騒ぎは収まらず、ついに司会者から「次はINFINITE」というアナウンスが。
そんなんあり?(笑)
元々の出演者どうなんの?
さすが韓国なり。

座席指定で座ってみるべきライヴだったのに、外国人だけで半ば無法地帯になっていたのか、後方から一気にファンが押し寄せてきて、正直ちょっと怖かった…。
すごい熱気の中、1曲目「추격자」。
撮影OKのイベントだったので、私も動画を撮ってみた。
さすがにここにアップするのは控えるけど、改めて見てみると、やっぱり彼らは隊形が整っていて美しい。
そのかわり写真を1枚。

ちょっと画像が粗くて申し訳ないです。
ソンヨルさん、更に色気が増して、ますます美人(?)になった気がするなぁ。

1曲目終わりで司会者さんからインタビュー。
イベントを通じて基本的にアナウンスは英語。
なので韓国語で会話して英語で要約してくれるという、韓国語レベルの低い私にはありがたいシステムだった(笑)。
で、日本でのツアーも成功し…みたいな話題になって、日本からもたくさんファンが来てるからメッセージをと振られた彼ら。
ホヤさんが「日本の皆さ〜ん、ありがとうございまーす!楽しんでますかぁ?」と余裕の日本語を披露し盛り上げた。
ソンギュさんがソロデビューを控えているという話にも。
レッドヘアもなかなか似合ってましたよ。

2曲目は「Paradise」。
ソンギュさんとソンジョンさんの喋り出しが同時で、一旦ソンジョンさんが「どうぞ」というジェスチャーをしたものの、結局彼が「次の曲はNothing Overです」と紹介。
曲中、立ち位置チェンジの際、ドンウさんが前にいたLさんのお尻にさりげなくタッチするといういたずら目撃(笑)。
ドンウさんも前髪下ろした髪型かわいかった。
Lさんは曲調に関係なくずっと笑顔で美男だった。
ラップの直前には客席との「ホヤコール」で更にテンションアップ。
最後、一列に並んだ時、ソンジョンさん胸元に作った小さいハートを何度も客席に飛ばす姿がかわいかった〜。
そして最後は「내꺼하자」。
ウヒョンさんの「叫べ〜!(韓国語)」も聞けた。
去り際には頭上に作った大きいハートを全方角に投げてくれましたよ。


あっという間に彼らの出番は終わり、SISTAR、9Musesと女性グループが続く。

そしてZE:Aの登場!
Phoenix ② Body to Body ③ Aftermath ④ Mazeltovという曲順。
全体を見つつ、やはりヒョンシクさんに釘付け。
生で見るのは久し振りだけど、感情表現、特に激しい曲での鋭い表情とかが以前より迫力アップした気がする。
笑顔もキラキラと眩しいし、貴公子オーラにメロメロでした(笑)。


ところで、INFINITEの登場で出番が流れちゃった彼はどうなったんだ?
と思ってたら、元々トリだったZE:Aの後に再び紹介された。
いやいや、めっちゃ盛り上がったZE:Aの後に出にくいやろ〜。
ステージに現れたのはファン・ミヌくん。
名前を聞いてもピンと来なかったんだけど、Little PSYとして話題の男の子だった!
「江南スタイル」のMVにも出演しているし、この日もPSYを完全コピー。
心配したのが失礼だったぐらい、そのキュートな姿で会場を大いに盛り上げた。


寒空の下、約4時間も外にいたけど、とってもお得なイベントに参加できて楽しい気分で公園の反対側、東方神起のライヴ会場へと向かった。